正しいゴール設定で仕事効率をアップする!

若手社員「先日ご指示いただきました資料を作成しました。ご確認いただけますか?」

上司「ありがとう。・・・・・。」「悪いけど、〇〇を追加してもらえる?」

若手社員「分かりました・・・・・。(最初に言ってくれればよかったのになぁ)。」

 

あなたも、あなたの上司とこんな会話をしていませんか?

あなたの考え方を変えることで、このやり直しは回避でき、仕事の効率化を図ることができます。

 

依頼の目的・本質を正しく理解し、正しいゴール設定をしよう!

上司からの業務指示に、言われた通りに、言われた事だけやっていませんか?

 

それでは依頼の目的・本質を理解しきれておらず、正しいゴール設定ではないかも。。。

 

もちろん、言われた事をきちんと実施しているので、最低限の仕事はできています。

でも、思い返してみてください。

それでは手戻りが発生し、効率的ではないことが多々ありますよね?

 

例えば、売上の落ちている支店があり、上司から売上をまとめるよう指示があったとします。

この場合、「売上が落ちているのだから、当然、粗利益や営業利益の変動を気にしているはずだ!」

と、上司の目的を理解して、売上と利益のデータをまとめておけば、手戻りもなく1度の作業で済むので効率的ですよね?

 

また、上司からの依頼に対し、言われたこと、プラスαのアウトプットを出しているので、上司から見るとあなたは1を言えば10理解する、できる部下ということになります。

 

なぜ?何のため?を繰り返そう

上司から依頼を受けたら、

「これは何故必要なのか?何のために行うのか?」

と「なぜ?」と「何のため?」を繰り返し考えましょう。

 

こうすることによって、依頼の目的・本質が見えてきます。

目的・本質が見えると、本当に必要な物がなんなのかが分かります。

(この時点で上司に報告しましょうね)

また、不要なものも分かるので、やるべきこととやらなくてよいことが見極められて、業務の効率化も図れます。

 

正しいゴール設定で仕事を効率化!

手戻りは減る、評価は上がる!

本当に必要な物をゴールにおけば、提出後のやり直し(手戻り)は当然、減ります。

逆に上司からは「あいつに任せれば安心」と評価や期待値は上がっていきます。

 

評価・期待値が上がれば、重要な仕事もだんだんと任されるようになり、成長するチャンスもどんどんもらえるようになります。

 

「最初から言ってくれればいいのに」

という考えを捨て、「正しいゴール設定ができていなかったな」と考えるようにしましょう。

そしてこれからは、自身で考え正しいゴール設定ができるようになり、言われたことしかできないからサラリーマンから脱却し、できるビジネスパーソンを目指しましょう!

 
若手ビジネスマンに必要なビジネススキルが今なら無料で学べる!!

 

 

あなたの会社のホームページは売上に貢献していますか?


あなたの会社のホームページを
より収益を生み、より価値があり、より効率的なビジネスとなるホームページへ置き換える方法



  • ホームページを作ったが、売上アップに繋がっていない

  • ウェブサイト制作会社、もしくはフリーランスの方に依頼して制作したが、その後ほとんど更新していない


上記に心当たりのある方は、ぜひこのレポートを読み進めてください。
当てはまらない方には価値はありませんので、これ以上、読む必要はありません。

ある調査によると、「作成したホームページが売上アップに貢献していない」と感じている経営者は75%にものぼります。
専門の制作会社に頼んだのにも関わらず、です。

それは、なぜか?

答えは単純です。
あなたがホームページを作る目的と制作会社が作る目的が異なるからです。

続きはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*