部下の理解度を高め、やる気を高める指示の出し方

 

特別レポートを無料でプレゼント!!

 

 

あなたの部下にも、

 

何度言っても理解しない。

褒めても怒ってもやる気をださない。

 

そんな部下が一人や二人いると思います。

 

そんな状態から脱却し、 部下を手足のように動かして、テーム力を上げたいくはないですか?

 

あなたの部下の理解度が低い原因は、部下自身の感度の低さでもなく、やる気のなさでもなく、ましてや頭の良し悪しで決まるものでもありません。

 

人にはそれぞれの思考方法、価値観、判断基準などがあります。

そのため、誰にでも同じように接し、同じように話しても、あいてに与える影響度はまったく異なるのです。

 

“そうは言っても、今でも理解力のあるやつには伝わっているしな・・・”

 

もちろん、頭のキレる優秀な部下や、すでに自身で考え行動できるまで成長している部下であれば、あなたがどう説明しようと、ポイントを掴んで業務をどんどん処理していることでしょう。

 

ところが、あなたが指示の仕方を工夫するだけで、成長過程にある若手などの他の部下もできる部下と同じような理解度で業務にあたることができるようになるのです。

 

 

例えば、以下のような特徴が見られる人を“即行動タイプ”と呼んでいます。

 

  • あまり考えずに行動する
  • とりあえず行動してみる
  • 時間をかけて検討するのが苦手
  • 待つのが苦手
  • 自身が主体となり動けるとモチベーションがあがる

 

このような、“即行動タイプ”の特徴を持った人には、

 

“やることを明確に指示し、すぐに取り組ませる”

 

と彼らは迷わず、すぐに行動し、結果を出してきます。

 

立ち止まって考えているより、早く行動したいタイプのため、方向性や手順が明確になっているとストレスなく業務にあたれるためです。

 

これだと、考えたり検討が必要な業務はできないのかと思われるかと思いますが、その場合は、“検討する”こと自体を明確にタスク化し、何故必要なのか?どう進めるか?を理解させれば動くことができます。

逆に曖昧な指示などでは、何をすべきか分からず混乱してしまいます。

 

このタイプの人は、次に何をすべきかがはっきりしていないと動けないのです。

 

もちろん、どんなタイプでも自身で考えて行動できるビジネスマンになれるように教育していく必要はあります。

その際も、部下のタイプを把握し、本人にも得意・不得意を理解させたうえで教育していくと、効果的ですし、短期間での成長が見込めます。

 

このように、タイプに合わせた指示をすることで、理解を早めたり、無駄なく行動させたり、得意分野の業務を与えたりすることが可能となります。

 

この無料レポートでは、思考、行動の特徴を10パターンに分けて、パターンごとにどのような指示の仕方をするのが効果的か、また成長させるためにはどういった指導方針で対応すべきか、といったことをまとめています。

 

あなたがこれらを理解することで、 部下それぞれのタイプにあった的確な指示ができるようになり、説明も1度で済むようになります。

なぜ伝わらないのか考えたり、何度も説明したりするような無駄な時間が減らせます

いままで中々理解できなかった部下にも、少ない説明時間で高い理解度で理解させられるようになります。

モチベーションが低めの部下が、あなたの言葉でやる気を持って業務にあたるようになります。

 

部下からは、あなたは指示、説明のうまいできる上司と呼ばれるようになります。

あなたの上司からは、部下育成が上手い人物と評価されるようになることでしょう。

 

また、応用になりますが、上司の特性を理解することで、報告・提案を承認してもらうために上司のタイプごとにアプローチの仕方を変えることで認めてもらいやすくなります。

 

期間限定での公開予定ですので、興味のある方はすぐに下記からメールアドレスを登録して入手してください。

もちろん、完全無料です。

*ご登録いただいた方には無料のメルマガをお送りさせいただきます

 メルマガは業務効率化やマーケティングに関する役立つ情報をお送りしますが、いつでも解除可能です

*プライバシーポリシーはこちらをご確認ください

 

torokuword1